読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポーラが延々と語る(料理のあらまし編)

 

ポーラ「今度はオーセンティックなバールに行きたいですね~提督」

「えっ!連れて行ってくれるのですか!嬉しいです~」

 

「着きましたね提督~何飲みます?」

「ポーラはマティーニにしますね、ワインは禁止されてますが、ベルモットなら多分大丈夫です~」

 

マティーニは食前酒ですので、一杯目に飲むといいですね~。」

マティーニと言えば、ジェームズボンドよろしく『ウォッカマティーニ、シェイクで』なんて一回くらい頼んでみたいですね」

 

「そうですね、待ってる間に軽くイタリアの話でもしますね。」

 

「提督の持ってるイタリアのイメージはどんな感じですか~?」

「そうですよね、陽気な人間性、オリーブオイル、トマトを魚介とともにに使った料理、そしてヴェネツィアフィレンツェといった都市ですよね」

「でもそれって結構変なイメージで、日本で例えると東京都民が京都で味噌煮込みを食べているのと同じくらいごっちゃになってるんですよね~」

 

「日本は東西に分けられるんですが、イタリアは3分割できるんですよ~。まずそれぞれの地域の特徴を軽く説明しますね~」

「水の都ヴェネツィア、イタリア最大の都市圏ミラノ、工業都市トリノ、屈指の港湾都市ジェノバ。それに加えてポー川流域で酪農や小麦、水稲栽培といった農業も盛んで、ものすごくものすごーく裕福な北部」

ルネッサンスで有名なフィレンツェ、イタリアの首都ローマ、ヨーロッパ最古の大学があるボローニャ、ブドウ畑が広がり、ピサの斜塔もあるトスカーナトスカーナと言えばダンテですね。観光に強い中部」

「青の洞窟やナポリ、広大なオリーブ畑とトマト畑がありますし、レモンとマフィアで有名なシチリアのある南部」

 

「こう書くと、どこも均等に発展してるように見えますが、実は南北問題が深刻で~って話はいつかしますね」

 

「料理なんですが~、北部、中部は酪農が盛んですし~、フランスに近いのでバターやクリームをふんだんに使った料理が多いんですよ。」

「例えばカルボナーラや米があるのでリゾットがおいしいですし、あと生ハムだったり、カツレツもありますね~。」

「一方南部は提督がイメージしてるようなアクアパッツァ、魚介類のフリットがあります~。トマトをふんだんに使うのでカプレーゼもおいしいですね~。シチリアはアフリカに近いのでクスクスもありますね。」

 

「ちなみに~イタリア料理(通称イタ飯)と言えば、まず(ミラノ風)ドリアやナポリタンを思い浮かべるかもしれないですが、どっちも日本発祥なので~、イタリアで頼んでも『は?』みたいな顔をされるので注意してくださいね~」

 

「図にするとこんな感じです~」

 f:id:cedrus_sinus:20160718141019p:plain

 

「パスタについては一回分を使ってしまうのでまたの機会です~」

「あっ、マティーニ来てたんですね!このオリーブを食べるタイミングに悩みますよね。あと、『マティーニは3口で飲め』って言われていますので飲んでください!」

 

参考文献:相田裕GUNSLINGER GIRL 』11巻、12巻、14巻

ポーラが延々と語る

ポーラ「Bouna sera!提督!夕飯はどうします~?トラットリア マーミヤ?それとも」

「バールですか?おしゃれですねえ!行きましょう、おー」

「なんかやたらと暗いですねえ。周りもカップルしかいませんし…こういう時は飲むに限ります~何飲みます~?」

「ワインですか…ザラ姉さまに怒られるのでしばらくは飲めないんです~…あ、良い事思いつきました~」

 

 

 「カンパリがあるのですね。最近はジャパニーズトラットリアでもよく見かけるようになりましたね~ポーラ、おすすめの飲み方があるのです~」

 「基本的にカンパリってソーダかオレンジジュースで割るじゃないですか、それでも美味しいんですけど~せっかくなのでロックで飲んでみませんか?」

 「え?カンパリを知らないのですか?じゃあ来るまでの間でこのポーラが簡単に解説しましょう!」

 「カンパリはイタリアを代表する薬草系リキュールなのです。ありていに言えば苦いお酒です~。他に薬草系と言えば『イェーガーマイスター』だったり、『ウンダ―ベルク』がありますが…。この二つはとてもじゃないですが~冷凍してもロックでも飲めたシロモノじゃありません~。他に薬草系と言えば『シャルトリューズ』が有名ですね~。ポーラは飲んだことがありませんが。あっ、来ましたね。はいかんぱーい」

 「うぇっへっへ苦いって顔してる~。騙されたと思って~グラスの中にあるレモンピールを搾ってみてください。甘く感じてだいぶ飲みやすくなりますよ~。ああなくなっちゃった。」

 

 「次はガリアーノを使ったものにしますか!甘いのでだいぶ飲みやすいですよ~」

 「珍しいことに旧ボトルもあります~。これは飲み比べするしかないです~。」

 「ガリアーノもイタリアンリキュールです。雑な説明をするとバニラ風味のリキュールですが…。昔のボトルはキャップが紫で今のリニューアルされたのはキャップが白です~。ついでに言うと今のでも十分背が高いですが昔のほうがもう少し長いのです~。棚に入らないのでバーテンダー泣かせですね~。」

 「昔の物は現行品と比べて度数低め、味濃いめで本当にデザートチックなんです~。逆に言えば今のはさっぱりしていると言えますが~。好みの問題ですが、ポーラは今のが好きですね~。来ました『ゴールデン・キャデラック』です~。だいぶ甘いので本来はデザート代わりに食後に飲むものですが~今回はいいでしょね~提督。」

 「レシピは『カカオリキュール』と『ガリアーノ』と『生クリーム』をそれぞれ20mlをシェイクです~。」

「味を試してみたいなら『ベイリーズ』が結構近い味です~。だいぶ濃厚ですが~。ロックで飲むと甘くてそこそこ強いので~寝酒には最高です~。次の日なぜか頭がガンガンしますが~。不思議ですねえ。」

 

「次は提督のおすすめですか~。楽しみです~。」

「『アースクエイク』ですか~。結構強いのきましたね~。レシピは『アブサン』『ウィスキー』『ジン』を三分の一ずつでシェイクですか~。強いものしかないですね~。」

「匂いは洋ナシに近いですね~。あっやっぱりすっごく強い~。」

「なんかすごくクラクラします~。うぇへははふふ地面が揺れてる~これがジャパニーズジシーンですね。アッつくなってきた」

 

 「服がジャマ~。へっ、ここがどんなバールですかって?普通のバールじゃないのですか~?」

 「『ハプニングバー』…ですか?提督何を…。ザラ姉さま助けて~」